ブルームバーグ

アジア・太平洋株式サマリー:中国、インド反発−英EU離脱懸念後退で
ブルームバーグ
ハンセン指数は前日比0.7%高。 精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO、上海在勤)は「リスク取得意欲が戻ってきた」と指摘。「英国のEU離脱問題をめぐる市場の懸念は行き過ぎだった。英国がEUに残留する可能性はなおある」と述べた。 .... 上田ハーロー外貨保証金事業部の小野直人氏は、英国民投票 ...

and more »
     → 続きを読む